PageTop
2017 081234567891011121314151617181920212223242526272829302017 10








スティーブ・マーティンの『ロンリーガイ』

今年の年末年始は9連休ですが、特にすることもないので、むちゃくちゃヒマです
夏なら、かっぱのしんちゃん号にのって
ツーリングに行けばいいですが、そとは一面の銀世界……。
TSUTAYAで借りてきたDVDを見てヒマをつぶしてます。
元日には究極のヒマつぶしをすることにしました。
まずは掃除機を分解してメンテナンス。

元日2014010101

3,000円くらいの安モンで、紙パックとかついてないので、
ときどき分解して洗ってやらないとあかんのです。
つづいて、シーツ類のお洗濯
雑な干し方ですね
カーテンが薄いのと南向きの物件なんで、晴れてると日当たりバツグンで、
日中は電気をつけなくても明るいです。

元日2014010102

最後は洗濯機のクリーニング。
効果があるのかどうかわかりませんが、気分がすっきりします。
そこらの主婦よりも達者に家事をこなしてしまうぼくは、ロンリーガイ(独りもの)の鏡かもしれません

元日2014010103

『ロンリーガイ』といえば、スティーブ・マーティンの映画で、ありましたね。
さっそくTSUTAYAでレンタルしてきました。
何年ぶりやろ!?
もちろん「都市生活者の孤独」がテーマなんですが、
当時よりむしろ今の時代にマッチしてるのかもしれません。
ニール・サイモンの脚本は洒落てますし、
スティーブ・マーティンとチャールズ・グローディンのコンビは
哀愁を感じさせますが、コメディなので、ずっと笑えます。
最後は絵に描いたようなハッピーエンドですが、
思わずほっこりさせてくれます。



夜にはセブンに買い物に行きましたが、かなりの吹雪で、遭難するかと思いました。
その割には野菜ジュースとおつまみくらいしか買わず。
しかも、しかも、せっかく行ったのに……
まぁ、人生こんなもんです
うちにかえったぼくは、『カップヌードル焼きそば』で、ばんごはん。

元日2014010104

こういう罠にまんまとはまって、
「はがれへん、はがれへん」
と、あわわしがちなぼくですが、今回はだいじょうぶでした

元日2014010109

見た目はほとんどカップヌードルと同じ。

元日2014010107

このシールも、やっぱし同じですね。

元日2014010105

お湯を入れて1分でできあがるのはうれしいですね。
オイスターソース仕立てで、なかなかおいいかったです。
元日の夜にたべるメニューとは思えませんが。

元日2014010108

今年も食生活の改善に赤信号がともりましたが、
さてさて、どうなることやら

====================
ブログランキングに参加しております(o^-^o)
よければ、ポチッとお願いしますm(._.)m

Ctrlキーを押しながらクリックすると全押し楽チンみたいです(^○^)
でも、画面がいっぱい開いて迷惑かもしれません(≧≦)
ごめんなさんね~(。≧Д≦。)

『拍手』も、とても、うれしいです(⌒▽⌒)
====================



にほんブログ村 地域生活(街) 北海道ブログ 札幌情報へ
にほんブログ村

人気ブログランキングへ

おきてがみ
[ 2014/01/04 16:20 ] 映画 洋画編 | TB(0) | CM(46)

十三人の刺客

きょうは「野宿旅シリーズ比奈知ダム編」はお休みです。

オッサン2人で映画を見に行ってきました。
前の前の前の前の職場の同僚で ← 何回仕事変わっとんねん! もう15年くらいのつきあいです。
時々会って、映画を見て、銭湯でひとっ風呂浴びて、酒を飲む、ということをやっとります。
以前は居酒屋とかに行ってたのですが、まわりがうるさいし、タバコくさいし、たいして美味いもんがあるわけでもないので、だんだん行かなくなりました。

土日なんか、飲み放題コースでもないのに、
「本日はお時間2時間までとなっておりまっすが、よろしいですか?」
とか聞かれるしね。
何で気持ちよ~酔っ払って、ご機嫌なときに出ていかなあかんねん!
と、思います。
で、色々模索した結果、外でBBQをしながら、ダラダラ酒を飲むなんてことを、もう、6、7年やっとります。

きょうみた映画は『十三人の刺客』です。
工藤栄一監督、片岡千恵蔵主演の映画のリメイクです。
まぁ、チャンバラなんで、な~んにも考えず楽しむことが出来ましたが大味な映画でした。
キャラのかき分けが雑(ていうか、ほぼ無し)なので、みんな死んでいっても、どーでもよい感じでした。
映画をみた後は銭湯に行く予定でしたが、お風呂セットを忘れてしまったので、そのまま買い出しに行きBBQをすることになりました。

肉を焼いとります。
ちなみに大阪では『肉』といえば牛肉のことをいいます。
他の肉は豚肉とか鶏肉とか区別します。
鶏肉は「かしわ」ともいいます。
まぁ、ぼくはブタとかトリの方が好きだったりしますが……。

オッサン二人でBBQ_convert_20100926051635

野菜は枝豆以外なしで、ひたすら肉系、練り物系などを焼いて食べます。
きょうは、ほかに豚肉の味噌漬けとか、ハムステーキとかを焼きました。
あとは、スナック菓子などの乾き物系をおつまみに、ひたすら酒をのむわけです

夕方4時頃から飲み始め、ほろ酔い気分になったころには、お日さんが西へ沈んでいきます。

夕日2010092501_convert_20100926051823

夕日を浴びる木の葉もキレイです。

夕日2010092502_convert_20100926051945

宴もたけなわ、こんなんも焼いて食べました、
相棒が選びました。
なかなか、よいセンスをしてますね~

リッラクマ1_convert_20100926052027

もう、すっかりぐじゃぐじゃ状態です。

リラクマ2_convert_20100926052122

お見苦しいものをお見せしました。

満足行くまで飲み食いした後、まわりを掃除して帰宅しました。

====================
ブログランキングに参加しております。
よければ、ポチッとクリックしてください。
『拍手』も、とても、うれしいです。。
====================



にほんブログ村 バイクブログ キャンプツーリングへ
にほんブログ村

にほんブログ村 アウトドアブログ ソロキャンプへ
にほんブログ村

ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村
[ 2010/09/26 18:14 ] 映画 邦画編 | TB(0) | CM(4)

Friday The 13th

すっかり日が短くなりましたね。
きょうの夕方(19時前)職場の窓から外を眺めていると、もう、すっかり暗くなっていました。
きょうはバイク通勤だったので、
「もう、きょうあたりバイクやったらさぶいかも」
と、言いつつ外に出たら、なんのなんの、まだまだ熱帯夜でした。
雨がポツポツ降り出してきたので、カッパを着ましたが、結局雨は降らず……。
暑さでいや~な汗をかいただけでした。

ところで、きょうは13日の金曜日。
ホラー映画大好きのぼくとしては、なんか、ソワソワ、ゾクゾクする日です。
アホほど続編が作られたこのシリーズですが、1作目は、それなりに怖かったです。
ガキンチョのころ、初めて見たときはエンディングが、かなり衝撃的でした。
チョメチョメをするカップルは必ず死ぬ、なんて約束事も、この映画がはしりなのではないでしょうか。

この映画に限らず、昔はホラー映画をフツーにTVのゴールデンタイムでもやってました。
いまは全くやらなくなってしまいました。
ていうか、放送できないんでしょうね。
映画を超えるような現実の殺人事件が、しょっちゅう起こりますから。

なんか、出張の疲れがまだ疲れがとれてません。
「3日も続けて飲みにいくからや~」
と、言わんといてくださいね。
気持ちのよい人たちと一緒に気持ちよいお酒を飲むのは、なによりも楽しいことやねんで~

====================
よければ、ポチッとクリックしてください。
『拍手』も、よろしくお願いします。
====================

[ 2010/08/13 21:43 ] 映画 洋画編 | TB(0) | CM(0)

なめたらいかんぜよ!

キチンとした東京弁というのは、じつは方言の一つなんですよね。
ぼくは「なんとかだよね~」みたいな東京の言葉が
大キライなのですが、こういう言葉は田舎から出てきて、
郷里の言葉を捨て、自らの誇りを捨て、
表面上あたかもトーキョー人のような顔をしている
連中が勝手に作り出したものなんですね。
道理で、話しているだけでムカムカすると思いました。

ちゃんとした東京弁は歯切れの良いリズミカルな美しい言葉なんですね。
東京弁といえば、寅さんの渥美清とか、
ビートたけしが地で話すときの言葉とか、
浅田次郎の『天切り松』シリーズ



くらいしかイメージがわきませんが、
これからはきちんと理解していきたいと思いました。
それにしても、なんで、自分が生まれ育った土地の言葉を
簡単に捨てられるんやろ?
あーゆー人たちは……。
ちなみに地方の人をバカにしているわけではありませんので、悪しからず。

前の仕事の時は、出張が多く、
主に西日本をウロチョロしよりましたが、
広島、岡山、博多、鹿児島など素晴らしい方言を
もつ土地ばかりでした。
浜松とか、焼津とか東海地方も行きましたが、よいところでした。

なかでも高知は素晴らしかったですね。
若い女の子が話す「~じゃきー」「~ゆうがぜよ」など、
ほんとうに惚れ惚れとしたものです。
住んでいる人も、ほんとうに気持ちのよい、素晴らしい人たちばかりでした。

高知といえば、今年は大河ドラマ『龍馬伝』でブームですが、
この映画を忘れてもらっちゃ困ります。

『鬼龍院花子の生涯』



いまは亡き夏目雅子お嬢さまの最高傑作といっても過言ではないでしょう。

「あては高知九反田の侠客、鬼龍院政五郎の……
鬼政の娘じゃき。
なめたら……。なめたらいかんぜよ!

もう、金縛り必至です。
なんで、こんなに素晴らしい女優さんが逝かなくてはならなかったのでしょう。
残念でなりません。

それにしても、札幌の人はよい人たちばかりやな~。

[ 2010/07/06 22:56 ] 映画 邦画編 | TB(0) | CM(2)

ボニー&クライド

きょうもアホなことを言うたり、したりしていました。
何の話をしてたときだったか忘れましたが、会社の女子チームが、
「ゴム鉄砲で撃ちたい(ぼくのことを)」
と、言い始めました。

「あはは」
と笑いつつ、メールを書かないといけなかったので、
生返事などまじえつつテキトーに相槌をうっとりました。

タスクバーにスカイプの着信を知らせるアイコンが点滅したので、
なんじゃらホイ、と思いつつアイコンをダブルクリックすると、
このページ
が表示されました。

おいおい!
たかがゴム鉄砲とはいえ、さすがに504連発はアカンのとちゃいますか!?
思わず映画

『俺たちに明日はない:原題ボニー&クライド』



のラストシーンが脳裏に浮かびました。
言うまでもなく、アメリカンニューシネマの傑作ですが、
「まぁ、ウォーレン・ビーティの役ならかまへんけど」
と、満更でもない、かっぱでした。
それにしても、この人「ビューティー」とか「ベイテイ」とか色々表記が変わりよりました。
正統派の男前俳優ですね~。

『天国からきたチャンピオン』



なんて、ハートウォーミングな佳作です。
ちなみにお姉ちゃんはシャーリー・マクレーンですね。

機会があれば是非みてみてみー

[ 2010/07/05 23:13 ] 映画 洋画編 | TB(0) | CM(0)