PageTop
2017 06123456789101112131415161718192021222324252627282930312017 08








deuter FUTURA VARIO

deuter(ドイター) FUTURA(フューチュラ) 50+10 VARIO(バリオ)

ドイターバックパック正面

野宿道具と言えば、まっさきに頭に浮かぶのがこれ!
ザック(バックパック)がなければ始まりません。

徒歩での野宿旅を始めたときに購入しました。
今日ネットで検索してみたら、型落ちになっているようです。
フロント部分のファスナーの位置とか色々変更になっているようですが、
基本的なコンセプトは変わっていないようです。

ぼくがこのザックを気に入っている点は
まず、ザックと背中が接する部分がメッシュになっていて、
(写真ではわかりにくいかもせれませんが)
ザックと背中が直接接触しないので通気性がよく、
汗が乾きやすいこと。

ドイターバックパック側面

これは気温が高い時期の徒歩による旅では、特に威力を発揮します。
ザックが汗でぐしょぐしょになるのは不快なものです。
汗はすぐに乾燥するのでメンテナンスも楽です。
ただ、本体になだらかな曲線のフレームが装着されているので、
パッキングには少々不利な感じはあります。

そして、このメッシュの部分は、コンビニの駐車場や道ばたで休憩する際
マットレスの役目をしてくれます。
こいつに身をまかせていると、暑さや疲れがふっとんでいくような気がします。

ドイターバックパックメッシュ部分

もう一つ気に入っている点をあげるとするならば、
本体にあらかじめレインカバーが装着されていることです。

ドイターバックパックレインカバー装着

レインカバー単体で2,000円とか、そこそこするので、お得感があります

定価は21,000円ですが、ネットで検索すると、だいたい18,000円くらいのようです。
ぼくも6~7年前にこれくらいの価格で購入したように思います。
なかなかコストパフォーマンスの高い商品だと思いますので、よければどうぞ~。



ところで、バイクの場合シートバッグやサイドバッグに荷物をパッキングするのがセオリーです。
重い荷を背負うと疲労の原因になりますし、
バランスを崩しやすく、ライディングに悪影響を及ぼします。
にもかかわらず、なぜバイクによる野宿旅でも、こいつを背負っているかというと
一言「愛着」としか言いようがありません。
「道具」というヤツは、そういう魅力をもっていますね。

こいつを背負っていれば、どこにでも行けるような気がします。
まぁ、実際には、ぼくがこいつを連れて行っているのですが……。

関連記事
[ 2010/06/20 17:42 ] テント ザック | TB(0) | CM(0)

コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://nojyukukappa.blog133.fc2.com/tb.php/12-1075a1c9