PageTop
2017 051234567891011121314151617181920212223242526272829302017 07








クチスボダム(5)

野宿地の朝は早いです。
日の出とともに目覚める感じです。
目覚まし時計に頼らずに早朝から目覚めるというのは人間の持っている本能を目覚めさせる効果があると思います。
本日は4時半に起きました。

朝からコーヒーなどいれ、豊かな朝にひとときを過ごす方も多いでしょうが、せっかちなぼくは朝からドタバタし始めます。
野宿地はキャンプ場ではなく、地元の方の生活の場ですから、迷惑をかけないようにスバヤク撤収しなければなりません。
この時に地元の人から話かけられることが多いです。

今回も道に広げたテントをたたんでいたら、
「にいちゃん、えらい手際ええなぁ~。どこから来たんや」
と、声をかけられました。
「どこから来たんや」は
もう、定番ですね。
おっちゃんのお話し相手をしつつ、テキパキと作業を進めました。

すべての荷物を積み込み、忘れ物がないかもう一度確認します。
それでも、よく忘れ物をします。
野宿地は来た時よりきれいにして帰るつもりで、そうじをします。
既に落ちてた空き缶をコンビニの袋にいれ、持ち帰ったりすると気分がよいです。

5時半。帰途につきます。
来た道を下って行き42号線に出ようとしたら、なんと一方通行!!
おい、おい、国道やろ!? と、ツッコミの一つも入れたくなります。
さすが酷道と納得。
道は整備中だったのですが、どこから出たらいいのかわからず、早朝なのをよいことに逆行させていただきました。
アウトサイダーやな~。

42号線から紀勢道に乗ります。
この道は大半が1車線なので、制限速度巡航男のぼくには、あまり快適ではありません。
複数車線なら、勝手に追い越していってくれるのですが、イラチな車がパッシングしてきよります。
70キロ制限のところ80キロで走ってるんやし、のんびり行けよ~と思うんですけどね~。

ところで、紀勢道から分岐するとき、方向を間違ってしましまいた。
左方面 → 名古屋
右方面 → 伊勢
という案内標識がでていたので、
「名古屋なんかいかへんよ~、伊勢にもいかへんけど」
と、思いつつ、なんの疑問もなく右の伊勢方面へ進みました。
ところが、これが大間違い!
まさか、高速を逆行するわけにもいかず、次のICまで行き、引き返しました。
先ほどと同じように案内標識をみたら、なんと右方面 → 名古屋、大阪と表示されています。
「おい!さっきの標識にも書いとかんかい!!」
と、ブチぎれながら名阪国道に突入しました。

ちょうど名阪国道にはいった頃からみるみる雲行きがあやしくなり、ついには降り始めました。
路肩の非常駐車帯にバイクを止め、スバヤク合羽を着用。
かっぱの二乗ですね。
「こういう風に早めに合羽を着る心の余裕が後々ものをゆ~んよ」
と自画自賛しつつ再始動。
トンネルを抜けると大阪方面はカンラカンラと抜けるような青空!
ハゲしく動揺し、背後を振り抜けると、どよ~んとした雨空!
カンラカンラ、どよ~ん、カンラカンラ、どよ~ん、と
大いなる矛盾を感じながら灼熱の名阪国道を駆け抜けて行くのでした……。

9時半。
西名阪の香芝SAまで帰ってきました。
このSAにはラーメン屋「神座」があるので、ひさしぶりに食べていこうかと思ったのですが、開店時間は10時でした。
ぼくは並んでまでメシを食うのは乞食のすることだと思っているので、
「家帰ろ」
と、思い、とりあえず合羽を脱ぐことにしました。
バイクの横で合羽をたたんでいると、すぐ隣で中年のバイク乗り夫婦が喧嘩を始めました。
「朝っぱからうるさいねん」
と思いつつ作業を続けていたら、オッサンの方が
「兄ちゃん手際ええな~」
やて。
一日に2回も「手際がよい」とほめられたのは、人生で初めてです。
気分上々で出発しました。

10時半帰宅。
昨日の走行距離は260㎞。
本日の走行距離は280㎞。
はい、誤差の20㎞は高速で道を間違ったでいですね。

野宿旅、クチスボダム編は今回で完結です。
水増しに次ぐ水増しでスミマセンでした。
では、また野宿地の空の下でお会いしましょう。

=========================
よければ、ポチッとクリックしてください。
『拍手』も、よろしくお願いします。
=========================

関連記事
[ 2010/07/22 22:06 ] 野宿旅 バイク編 | TB(0) | CM(2)

青春はチャレンジしないとね。

こんばんは。
懐かしい青春時代を想い出しながら読んでいます。
野宿をして地元の方からご馳走を差し入れてもらってことも多くありました。
今でも懐かしく一人旅ゆえに多くの人達と自然な形で出会えるのですね。
若い人達にもバイクや自転車などで一人旅をチャレンジしてほしいです。
先日、自転車で日本列島縦断の幟をつけた青年を見かけました。
真っ黒に日焼けした顔に「頑張れ!」と声援を送りましたよ。
[ 2010/07/23 20:45 ] [ 編集 ]

subject

コメントありがとうございます。
最近バイクや自転車で旅をする人が少ないなぁというのが実感です。
野宿旅をしていると、たいがい誰かに話しかけられます。
そういう人たちは、おそらく若いときに同じような経験をしているのでしょうね?
ときどきお巡りさんに職質を受けたりすることもありますが、すべてよい思い出です。
[ 2010/07/24 17:15 ] [ 編集 ]

コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://nojyukukappa.blog133.fc2.com/tb.php/45-7e84a90e